上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
横浜美術館小島烏水1


フラフラ歩いて
横浜美術館の前を通りかかりました。
現在は小島烏水さんのコレクションの展示を
行っているらしいのですが、
だいたい小島烏水さんて誰?ってな感じだったので
展示は鑑賞せず、館内をうろうろ。
そしたら美術館の隅に無料の展示を発見!
しかも小島烏水とも関わりあるみたい!


横浜美術館小島烏水2 横浜美術館小島烏水3

どうやら小島烏水さんとは・・・
【1873(明治6)年12月29日―1948(昭和23)年12月13日。登山家、文芸批評家、浮世絵研究家、本名久太。高松市生まれ、横浜商業学校卒業後、横浜正金銀行に勤務するかたわら、「文庫」記者として活躍、文芸、社会、人物批評に健筆をふるった。】
てな、人物らしいのですが、
版画やら美術品のコレクションも多く、
その展示を今回横浜美術館のメインとして行っている模様。
で、ワタシが発見した無料展示は
烏水さんの母校である
横浜商業学校(現横浜商業高等学校=Y校)の
後輩達が横浜の歴史にからめ、
横浜商業高校の歴史を紹介している展示だったわけです。
ワタシにとってY校っていえば野球。
あとは友達のお母さんの出身校でナカナカ歴史がある。
そんな知識レベルです。


横浜美術館小島烏水4 横浜美術館小島烏水5

館内アートギャラリー1で
2月4日(日曜)から28日(水曜)まで行われていたコノ展示、
なかなか人が入ってましたよ。
もちろん写真撮影禁止ですが、
昔の洋服やら、古い横浜の写真やら
なかなか楽しい内容でした。
Y校版横浜検定なんてテストもあって
高校生らしい企画。
ワタシが行ったときにはテスト受付で
横浜っ子だというオバサンが
崎陽軒のキャラクターが
「ひょうちゃん」か「しょうちゃん」かで
白熱した議論を交わしておりテストができなかった。。
「ひょうちゃん」が正しいのですが、
オバサンは浜っ子は「ヒ」と「シ」を発音しにくから
ワタシはこの何十年も
「しょうちゃん」だと思って生きてきたと主張。
これって、江戸っ子の間違いじゃないでしょうか??

まあ、とにかく小島烏水さんについても
知ることができたし、
横浜の歴史も簡単に学べたし、
おもしろいオバチャンにもあえたし、
無料にしては文化祭みたいで面白い展示でした。
高校時代がちょっと懐かしい。。。

↓そのほかヨコハマ情報!
02


携帯はここを押してみよう




横浜美術館
〒220-0012
神奈川県横浜市西区
みなとみらい三丁目4番1号
tel 045-221-0300

【交通】
みなとみらい線 みなとみらい駅下車 「美術館口」徒歩3分




スポンサーサイト
[ 2007/03/06 22:53 ] 横浜深海スポット | TB(0) | CM(2)
カウンター
プロフィール

myu

Author:myu
趣味:映画、音楽、お酒、おしゃべり
性格:頑固、前向き、アイロニック

カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログランキング
押していただくとうれしいです!

FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。