上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
硫黄島からの手紙 期間限定版
渡辺謙、二宮和也 他 (2007/04/20)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る
硫黄島からの手紙 期間限定版


終戦記念日にあわせて
やっと観てみました。

渡辺謙さん演じる栗林中将という人を
全く知らなかった上、
硫黄島の戦いがどのようなものだったかも
詳しく知らなかったのでちょっとショックでした。
あの狭い島で何万人の人が亡くなっているわけです。
今の時代の私には想像もできません。

父親に聞いてみると
栗林中将のことや、もとオリンピック選手で
硫黄島に行った、バロン西(伊原剛)こと西 竹一さん
など詳しく知っていて時代の差を感じました。
後からネット検索して栗林中将のことを知るにつけ
立派な人がいたものだと人柄に惹きつけられました。

どちらの国が悪いとかって話ではなく
戦争のために多くの命が失われた事実、
軍国主義の日本にあっても人間として優れた
人物達が存在していたことなど、
今更ながら知ることなども多く終戦記念日には
まさにピッタリの映画。

これを映画いたのがアメリカのあの
クリント・イーストウッドであることを
考えると、我々世代はもう少し
戦争についてしっかり学ぶ必要があるなと
改めて真面目に思ってしまった次第です。
なんて父親たちの星条旗はまだ観てませんが・・。

とにかく映画の内容とか感想っていうより
観終わったあとそんなことばっかし
考えてしまう映画でした。


↓ご協力お願いします。
02



硫黄島からの手紙
監督 クリント・イーストウッド
出演 渡辺謙、二宮和也




スポンサーサイト

[ 2007/08/18 22:55 ] 映画・DVD | TB(0) | CM(2)
私も観ました~

この時期戦争関係の映画やドラマがよくやっていますよね。

内容が多少事実と異なっていたとしても、このような悲惨な歴史的事実や犠牲の元で今の自分が存在しているんだなぁ・・という事を考えさせられる良い機会だとも思っています。

仕事柄地方に行くことが多いんだけど沖縄の姫百合の塔や広島長崎原爆展示館等に行くと更に考えさせられます。
[ 2007/08/19 15:16 ] コー [ 編集 ]
ほんと、内容はどうあれ
戦争について考えるよいきっかけになる映画ですよね。
お陰で、自分なりに硫黄島関連の
書籍を買って読んでみようという
気持ちになりました。
昔のことだとかって風化させては
いけない内容なんですよね。。
[ 2007/08/20 12:31 ] みゅー [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
カウンター
プロフィール

myu

Author:myu
趣味:映画、音楽、お酒、おしゃべり
性格:頑固、前向き、アイロニック

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログランキング
押していただくとうれしいです!

FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。