上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
珈琲楼看板


なんだか最近はレトロな、昭和な建物に魅かれます。
横浜もあれっ?ってトコロに昭和な建物が残ってる。
文明開化の遺産的建物や新しいおしゃれビルの間に
こういったステキな建物があるのも、横浜の魅力だと思います。
「それ見せられても」って話もありますが、
個人的にそんな建物を探訪し、
無理やり的に紹介していこうと思います。


珈琲楼入り口 珈琲楼料金 珈琲楼謎の剥製看板
まず最初のレトロ建物は、中華街にある「珈琲楼」。
中華街は探すと、結構レトロ物件が残っている場所。
こちらは、入り口も昭和を思い出させてくれます。
かぐや姫とかを聴いて、ベルボトムをはいている
長髪貧乏大学生が、今にも出てきそう。
本格的に入れた珈琲が、500円から飲めます。
(実は入店してないので、味は不明ですが・・。)
なんと言っても特筆すべきは、謎の剥製が入った看板。
イタチ!?なんにしても贅沢な看板です。
ダサいを越えてカッコよくなってる。


蘭ビューティーサロン 蘭ビューティーサロン入り口 蘭ビューティーサロンと珈琲楼
そして、その隣の「蘭ビューティーサロン」。
絶対に、おカマでパーマを当てられるサロン、って感じです。
ピンクの外観が、とてもカワイイ!
看板のフォントも、色使いもカワイイもん。
サイケな服をきて、散髪してもらいたい気分です。
中をのぞいたら、まさにパーマを当てているお客様が!
立派に経営中だよ・・。
チャイナな雰囲気に、日本の昭和レトロ。
案外似合っていて、ステキです。

↓普通の中華街情報
02


↓向いの建物もレトロ
二件の向いの建物

珈琲楼
横浜市中区山下町145
TEL 045-662-7678
【交通】
JR線 石川町駅/関内駅 徒歩10分
みなとみら線 元町・中華街 徒歩10分
※蘭ビューティーサロンはそのとなり
スポンサーサイト

[ 2007/01/06 22:28 ] 横浜深海スポット | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
カウンター
プロフィール

myu

Author:myu
趣味:映画、音楽、お酒、おしゃべり
性格:頑固、前向き、アイロニック

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログランキング
押していただくとうれしいです!

FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。