上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
世界はだれのもの展


BankArt Studio NYKで行われている
「世界は誰のもの?」展に行ってまいりました。

世界はだれのもの展会場 世界はだれのもの展会場2 世界はだれのもの展会場3

テーマは。。
子供時代は世界は自分のものだった。しかし「世界すら君のものではなくなった」ことは大人になった誰もが知っている。「世界は誰のもの?」展はその後に起きることについての取り組み。それは「今一度、世界をこの手に」という遠い望みについてのことではなく、自分と一致しているわけではないとわかってしまった世界に対して、私たちに再びどのようなアプローチが可能なのかということ。
ってな感じのようです。。。

無料で入れるし、撮影OKだってことなので
ふらっと入ってみたワケですが、
沢山のアーティストの方の作品があって、
写真やら映像やら、空間的表現やら。。
なかなか楽しい。

ちなみに参加アーティストは・・・
 飯嶋崇文、大沼洋美、小沢明範、川瀬一絵、木下健司、
 小森宣子、新谷衣美、進藤環、平沢マリ子、藤村豪、松山陽子
みなさん存知あげませんが、どれも素敵でしたよ。。。


世界はだれのもの展会場3 世界はだれのもの展会場4

突然ですが、写真ってのもいいですね。
金魚の写真カワイイ、、デザインもキレイです。
金魚や鯉ってそれ自体がアート。
先日ご紹介した蜷川さんの写真集で金魚ばかりを
撮影したものがあって、それがキレイで甘美でステキ。
日本の魚である金魚。実は最近かなり魅力を感じています。
金魚にとっては水槽が世界なんでしょうね。
お家で飼うかな~。


世界はだれのもの展会場5 世界はだれのもの展会場6

そんなことを考えながら作品鑑賞。
主題と反しますが、それぞれの方の作品をみて
同じ展覧会に出す作品でも全く趣向が違うなぁ~と。
当たり前なんですけれど。
で、世界って人それぞれ違って見えて、
人の数だけ世界があるのではないかなと。
そういった意味では、やっぱり世界は
いつまで経っても
自分の中にあるような気がします。
これって、やはりワタシ自信が
大人になりきれていない証拠でしょうか???

↓押してくれた人ありがとうございます!
02


携帯はここを押してみよう




「世界は誰のもの?」展
BankArt Studio NYK
横浜市中区海岸通3-9
TEL 045-663-4677
【交通】
横浜みなとみらい線「馬車道駅」下車5出口 徒歩5分
JR・市営地下鉄「桜木町駅」徒歩5分
JR・市営地下鉄「関内駅」徒歩7分

スケジュール
2007年02月03日 〜 2007年02月15日


スポンサーサイト

[ 2007/02/14 21:04 ] 横浜アート | TB(0) | CM(2)
「一致しない世界に
どのようにアプローチするか?」
んーん、難しいテーマですね。

なかなか一致出来ないところが
面白いのかも知れませんね。
[ 2007/02/15 16:40 ] machi [ 編集 ]
藝術って難しいようで
簡単なようで、
案外何でもありだったりして・・
そこが面白いですね!
ワタシも絵画に挑戦しようかな。。。
まずは写真かな~~
[ 2007/02/15 23:19 ] myu [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
カウンター
プロフィール

myu

Author:myu
趣味:映画、音楽、お酒、おしゃべり
性格:頑固、前向き、アイロニック

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログランキング
押していただくとうれしいです!

FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。