上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
新聞博物館

企画展示されている
「報道写真展」をみに日本新聞博物館へ行ってきました。
ニュースパークともいうらしい。
こちらは先のウルトラマン展を開催していた
横浜情報文化センター内にございます。

もちろん写真展は一昨年を振り返る
貴重な写真が沢山でしたが、もちろん
撮影できないので、
博物館の中を撮影してみました。


新聞博物館3 新聞博物館4 新聞博物館5

こちらは、「歴史ゾーン」と「現代ゾーン」の
2つの常設展示室を中心に、
言論の自由の意義が理解できる「シアター」、
学校や地域の新聞づくりを支援する「新聞製作工房」、
新聞の最新技術を展示する「最先端技術ギャラリー」、
そして「企画展示室」などで構成されています。
歴史ゾーンでは昔の印刷機やら、
新聞広告の歴史なんかもあって
ナカナカ興味がそそられます。
2000年(平成12年)10月12日からオープンしている
らしいので、もう6年は経過しております。
全然しりませんでした。。。。


新聞博物館6 新聞博物館7 新聞博物館8

新聞に関連した人を紹介するコーナーや
新聞の歴史を紹介したコーナーなど
ゆっくり見たかったのですが、
報道写真展をゆっくりみてしまったおかげで
常設展示はすっ飛ばし見学。。
そのなかでもビックリしたのは現代ゾーン。
取材に使用する
飛行機やら車の展示、通信コーナーなど、
現代の取材ってハイテクだなぁと実感。
ネットが発達したって新聞の需要はまだまだな感じ。
どの新聞を読むかで、
その人の思想が分かったりしますもんね。
テレビのニュースや、ネット以上の新聞文化を感じます。
毎日当たり前に目にしているニュースは
こんな風にして鮮度をたもって我々の
元に届くのね、、と感心しきりでした。

とにかく、すっ飛ばし見学だったので
今度はゆっくり常設展示を見学に行きたいなと。
ちなみにワタシは新聞とってないんですけれど。。。。



↓そのほかヨコハマ情報!
02


携帯はここを押してみよう




日本新聞博物館
横浜市中区日本大通11 
横浜情報文化センター
(新館2~5階,旧館2~4階)
Tel:045-661-2040 
Fax:045-661-2029
開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日の平日)年末年始
入場料 一般・大学生 500円
高校生 300円
小・中学生 100円
(団体割引有り)

【交通】
・みなとみらい線「日本大通り駅」情文センター口直結
・JR根岸線/横浜市営地下鉄「関内駅」徒歩10分
・横浜市営バス「県庁前」バス停徒歩1分
・首都高速「横浜公園ランプ」車3分

スポンサーサイト

[ 2007/02/19 20:48 ] 音楽 | TB(0) | CM(3)
こないだ新聞博物館の近くの
横浜都市発展記念館行きました。
新聞博物館も行きたかったのですが、
不調につきまた今度にしました。
非常に興味深いですね。
近いうちに行ってみます!
[ 2007/02/19 23:25 ] olaola [ 編集 ]
新聞博物館とは珍しいですね。
でも、新聞は私達の一番身近な情報源。
同じ記事でも新聞によって書き方がずいぶん違ったりして。
記事を正確に伝えるのって大変な仕事ですよね。
そんな情報源の博物館を覗いてみると、
面白い事が沢山ありそうですね。
[ 2007/02/20 12:01 ] machi [ 編集 ]
olaolaさんへ
>是非いってみてください。 
 ちゃんとみたら時間がかかります。
 ワタシは発展記念館に今度
 いくつもりですよ!写真展が
 とても気になってます。

まちさんへ
>そうそう、身近すぎて
 あまり気にしない新聞。
 広告の歴史をみているだけで、
 なんだかトテモ面白いですよ!
[ 2007/02/20 21:28 ] myu [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
カウンター
プロフィール

myu

Author:myu
趣味:映画、音楽、お酒、おしゃべり
性格:頑固、前向き、アイロニック

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログランキング
押していただくとうれしいです!

FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。