上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
トニー滝谷 プレミアム・エディション トニー滝谷 プレミアム・エディション
イッセー尾形 (2005/09/22)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る


ヘイちゃんの関連で、横浜観光コンベンション・ビューローの情報を探していた際、その中に「横浜フィルムコミッション」なるものを発見!横浜での、映画やテレビの撮影を助けるコミッションらしいのですが、こちらの説明は後まわし。今回重要なのは、こちらのページでイロイロな映画が、横浜で撮影されているコトが説明されていたという事実!実は先の「THE有頂天ホテル」も、ココのページで詳しい撮影状況を知ったのでありました。そして、同じく紹介されていた中に、こちらの「トニー滝谷」があったワケです。村上春樹原作ってことで、前から気になっていたので、早速レンタル!


フムフム調べてみると、こちらの作品は主に緑区にセットをつくって撮影されており、横浜市内でよく見かけるような、小高い丘の上の住宅街が映画の場面のメイン。言われてみると横浜だなって感じ。ちっともディープじゃないけど、コアではありますよね。同じ場所をイロイロなシーンで使っているため、同じ場所には見えませんが、映画のイメージが統一されて、画面がとてもきれいに見えます。
また、金沢区の野島公園も撮影に使用されています。すっかりレトロっぽい海岸に見えちゃって、どっか遠くの海辺て撮影されたんじゃないの??って感じです。はっきり言って、ワタシ野島公園は知らなかったですけど。行ったこともありませんでしたけど。てな感じで、また知ったかブリが始まったところで、内容紹介。


孤独なイラストレーター、トニー滝谷(イッセー尾形)が洋服を買うことをやめられない女性(宮沢りえ)に恋をして、結婚いたします。でも、奥さんは事故でなくなって、かわりに似た体型のお手伝いさん(宮沢りえ二役)をやとって、亡くなった嫁の服をきさせて。。。みたいな、単純なストーリーなんですが、画面がきれいだし、トニーの父親役と二役のイッセーの演技もみもの。りえちゃんも二役で、出演役者さんの人数も少ないから、映画のイメージとしては波がなく、一定のリズムで坦々と進んでいきます。トニー役は大学生時代からを、イッセーさんが演じています。無理あるだろーってトコロを、荒業でねじ伏せて演じきった感じ。ちょっとしたジョークなのかも。宮沢りえちゃんもステキでした。すんごい細いけど。でもキレイだった。大人になったなぁ。
そして、ワタクシの大好きな西島秀俊さんのナレーションが、画面の坦々とした感じと、絶妙に合ってます。多分これはワタシが西島ビイキだからでしょう。西島さんは横浜国大を中退なさっているらしいので、横浜は絶対好きなはず。勝手にそう思っています。


こちらの映画は、最後が微妙。白黒つけたいワタシには・・・ですが、想像を掻き立てて終わって欲しい方にはオススメなのではないでしょうか?全体的にゆったりしたムードの映画。個人的には好きです。お紅茶でものみながら日曜の午後に見たい映画です。まあ、まずワタシは野島公園、一度行ってみようかなっと・・・。横浜って住宅街すら、映画やテレビには良きロケ地になりますな。と最後は横浜を褒めて終わっておこっと。

↓ご協力くださいませ!
02




トニー滝谷(2005年)
監督 市川準
出演 イッセー尾形、宮沢りえ
ナレーション 西島秀俊
撮影 緑区、金沢区(野島公園)
スポンサーサイト

[ 2006/12/23 23:05 ] 映画・DVD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
カウンター
プロフィール

myu

Author:myu
趣味:映画、音楽、お酒、おしゃべり
性格:頑固、前向き、アイロニック

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログランキング
押していただくとうれしいです!

FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。